禁煙治療について

937312
タバコは様々な疾患の発生や悪化の原因になることは周知の事実ですので、「できれば禁煙したい」と考える方はたくさんいらっしゃいます。しかしその思いとは裏腹になかなか禁煙できない人が大勢いらっしゃることも事実です。

喫煙習慣はニコチン依存症という病気として捉え、専門外来で治療を行うことが禁煙への近道です。

当院では一定条件を満たした施設に認められた「禁煙外来」を実施しており、下記の4条件を満たし、医師が必要と認めた場合には、保険の適用により禁煙治療を行うことができます。

禁煙治療が保険適用となる条件

・「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存症についてのスクリーニングテストの結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断された者。
・35歳以上の者はプリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
・直ちに禁煙することを希望している者であること。
・「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療についての説明を受け、その禁煙治療を受けることを文章により同意していること。

禁煙に何度も挑戦し、その度に挫折した経験をお持ちの方も沢山いることでしょう。しかしタバコをやめられないのは意思の弱さによるものではなく、ニコチンによる強い依存性によるものなのです。

「ニコチン依存症」という病気に一人で立ち向かう必要はありません。

禁煙外来を受診することで、医師や看護師による適切な指導や管理を受たり、禁煙を手助けしてくれる禁煙補助薬などを活用することができます。

当院の禁煙外来では、禁煙に伴う精神的・肉体的な苦痛を軽減しながら、より高い確率で禁煙を成功させるお手伝いをいたします。

喫煙は本人だけではなく、受動喫煙によってご家族など周囲の大切な人の健康をも害する恐れがあります。
「タバコをやめたい」という本人の気持ちさえあれば、誰でも禁煙は可能です。

いつでもお気軽にご相談ください。
scroll-to-top